豆乳ヨーグルトは太る?豆乳の太る成分は?バストアップには牛乳と豆乳のどっち?!

日常

 

昔から健康や美容に良いとされてきた豆乳

ヨーグルト腸内環境をよくするとされている。

 

その二つが組み合わさった豆乳ヨーグルトというものがある。

 

豆乳ヨーグルトは健康や美容に良いのか、

逆に太るのか、紹介していく。

 

 

豆乳ヨーグルトは太るのか?豆乳で太る原因と太らない飲み方や豆乳の種類を紹介!

 

昨今は健康志向が多くなっている。

動物性の食品を口にしないヴィーガンなるものも流行りつつある。

世の中は男性も女性も美や健康に多くの関心を寄せている。

 

 

昔から太らない食べ方や、たくさんの種類のある

置き換えダイエットなども流行ったが、

やり方を間違えると健康を損ねかねないものもあった。

 

今では置き換えるにしろ

ファスティングという断食をするにしても

正しい知識とやり方が求められている。

 

 

ただ美しいだけではなく

健康美というもののニーズが高まっている。

 

植物性の良質なタンパク質が取れ、

日常的に摂取しやすい豆乳なども注目が集まっている。

 

 

ダイエット目的で豆乳を飲む人もいるなかで、

逆に太るという人もいる。

豆乳だけではなく豆乳ヨーグルトでも太ると言う人がいる。

 

ダイエット目的で豆乳を摂取しているにもかかわらず、

太るなんて本末転倒だ。

そのような場合は飲み方を変えてみた方がいいだろう。

そして、豆乳にも種類があるためそのせいかもしれない。

 

 

まず、飲み方夜寝る前などに飲んでいるのなら

ダイエット的にNGだ。

 

豆乳はサポニンという成分が

脂肪の吸収を阻害しやすしてくれるため、

食前に飲むのがおすすめだ。

満腹中枢も刺激してくれるので、満腹感も得やすい。

 

そして、ダイエットにいいからと飲みすぎてる場合もNGだ。

何事もやり過ぎはよくない。

ほどほどにするべきである。

 

 

そして豆乳には調整豆乳無調整豆乳がある。

調整豆乳とは無調整の豆乳に塩や砂糖を加えたり、

フレーバーを加えて飲みやすくしたものだ。

 

 

一般的に、ダイエットにむいていると呼ばれる豆乳は、

無調整豆乳の方だ。

 

無調整豆乳はクセがあり、苦手という人も多い。

そのため調整豆乳やフレーバーのついている豆乳ばかり飲んでいると

カロリーは牛乳などと変わらないため、

太りやすくなってしまう。

 

豆乳ヨーグルトも同じだ。

 

 

バストアップには豆乳と牛乳のどっち!?影響を与える成分は?量や飲む期間も

 

豆乳ダイエット効果があるだけではない、

そのほかの美しさにも影響を及ぼしている。

 

例えば、女性がスタイルのなかでも気になるバストアップの分野だ。

バストアップには牛乳などよりも豆乳のほうが効果が高い。

 

 

その理由は、豆乳の成分にある。

豆乳には大豆イソフラボンという成分が入っている。

大豆イソフラボンとは、耳にしたことがある人も多いだろ。

化粧品などにも入っている成分だ。

 

この大豆イソフラボンは、女性ホルモンのうちのひとつ

エストロゲンと似たような働きをしてくれる。

 

女性のバストは一割の乳腺と九割の脂肪でできている。

エストロゲンと大豆イソフラボンはこの乳腺を刺激する働きがある。

そしてその乳腺の周りに脂肪をつきやすくしてくれる。

そのためバストアップ効果が豆乳は期待できるのだ。

 

 

豆乳のなかでも無調整豆乳が大豆イソフラボンの量も多く入っているため、

効率よく摂取できるのでおすすめである。

大豆イソフラボンは熱に強い成分であるので、

温めて摂取しても良い。

 

どうしても無調整豆乳をそのまま飲みづらいという人

スムージーなどに混ぜたり、シチューなどの料理に

牛乳の代わりに使用したりしてもいいだろう。

 

 

しかし、バストアップの効果は人それぞれだ。

長い期間飲んでもたいして効果がなかったという人もいるだろう。

 

元々脂肪が体につきにくい体質であったり、

歳を重ねることで元々女性ホルモンがすくなくなっている

という人も効果を感じにくい。

逆に効果を感じやすい人成長期の女性だ。

 

 

そして、腸内環境にも左右されるため、

豆乳だけを、摂取すればいいというものでもない。

 

食事や睡眠、ストレスを溜めないなど

生活を整えなければ効果を感じることはできない。

 

 

まとめ

 

健康や美容にいいとされているものを

摂取していくのは良いことだ。

 

しかし、その本質や成分などを理解せずに、

摂取すると本来の目的とは逆効果になることもある。

 

しっかりと、調べてから生活に取り入れたいと思った。

 

タイトルとURLをコピーしました