鍋の大きさは?(人数、リットル、サイズ)人数に合わせて決める方法

日常

 

には様々な大きさがあります。

 

鍋を買う時にはどんな大きさを選べばいいのでしょうか。

 

家族の人数に合わせれば間違いない

とわかっていても迷います。

 

今回は鍋の大きさを決める方法について解説します。

 

鍋の大きさは人数によってリットルを決める!サイズの決め方

 

鍋を買いたくても

最適な大きさがわからないも多いのではないでしょうか。

 

鍋の大きさは人数に合わせるのがよさそうですが、

鍋の容量、リットル数に最適人数が

書かれているわけではありません

 

 

鍋のサイズ選びに迷う時は、

新生活に向けて準備する時、

結婚や一人暮らしを始める時が多いはずです。

 

どんな鍋を、どれくらいの数必要か

鍋1つ1つの大きさもどれくらいにしたらよいのか

わからない人も多いでしょう。

 

できれば使いやすく、

長く重宝するものを用意したいものです。

 

 

自分は、一人暮らしを始める時に

まず小さい鍋を1つ買いました。

 

1人なら大きいものは必要ないと考えましたし、

1人暮らしのキッチンに大きい鍋を置くスペースもなかったので

あまり迷わずに用意しました。

 

それまで料理をしたことがなかったのに、

まず1つの鍋や調理器具を用意したことで

自炊をすることが習慣になったのでよかった

と思っています。

 

 

ただ、1人暮らしでも友達が遊びにきたりして

いつもより多めの料理を作りたいときに不便でした。

 

数人で鍋を囲むことを想定して

土鍋くらいは大きいものを1つ持っておく

と便利だと思います。

 

 

もちろん、鍋に使える予算も考える必要がありますし、

自分の料理の頻度や料理するものの種類も関係しますが、

基本的にどんな鍋を用意するのが最適か

知っておきたいと思います。

 

 

このブログを読んでいる人は、

今までの人生で鍋選びをすることはあまりなかったと思われるので、

この機会に鍋の容量と人数の関係など役立つ知識をつけください。

 

 

鍋のサイズを人数で決める方法

 

新生活を始めるにあたって、

鍋や食器を用意する必要があります。

 

食器なら、食べるものの種類によって

だいたいのサイズ選びは出来そうですし、

好きなデザインや数を選ぶことは簡単そうです。

 

食器なら少しずつ増やしていくことも出来そうです。

 

 

鍋のサイズ選びは人数で決めるのがよさそうだとわかっても、

どのサイズの鍋がよいのかすぐにはきめられそうにありません。

 

 

まずは鍋のサイズについて解説します。

 

鍋といっても色々な種類があります。

特に土鍋のサイズは号数で表示されています。

 

号数が大きくなれば土鍋のサイズも大きくなりますが、

この表示は昔の焼き物のサイズが基になっています。

 

もともとは寸、尺と呼ばれていたものが変化したものなので

号数の数字鍋の直径を表すものではありません

 

 

鍋のサイズ人数と号数で決めるなら、

1人用6号(直径15センチ)、

3~4人用8号(直径25センチ)、

4~5人用9号(28センチ)が目安です。

 

容量を目安にするなら、

1人用1リットル

4人用なら3リットルがちょうどよいです。

 

 

自分の家のコンロの大きさや収納の都合もあるので、

鍋は大きければよいというものではありません

 

家庭のキッチンの大きさやコンロの大きさに

合わない鍋を買ってしまうと、

洗い物や出し入れもめんどうになって

使わなくなる可能性があります。

 

まずは人数にあわせて選ぶのがおすすめですが、

ふたり暮らしなら鍋は1人用でも

それほど不便は感じないでしょう。

 

 

鍋の種類は、ステンレス、アルミ、ホーロー、土鍋や圧力鍋があります。

 

圧力鍋高価ですが予算が許せばおすすめです。

 

短時間で料理が作れるので光熱費の節約にもなり、

料理の幅も広がるはずです。

 

 

まとめ

 

鍋のサイズについては、大は小を兼ねるといって

不必要な大きい鍋を買わない方がいいです。

 

調理器具使いやすいものを使うと料理が上達します。

 

 

人数に対し最適なものを買って

楽しく料理ができるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました