【amazon転売】転売屋チェッカーとは?販売の手数料を一覧で。発送の方法を別にすると個人情報で販売元が変わる?

日常

 

ネットで商品の購入している人が多くなっている中で

amazon転売をしてみたい人も多い。

 

ただ、何も知らずに始めるには不安が大きい。

 

だから、安心して転売を開始できるように

自分が持っているノウハウを伝えていくよ。

 

amazonで転売するなら転売屋チェッカーで商品を確認!個人でできる対策は?手数料の一覧はここ!

 

基本的にamazon転売で商品を転売していこうとした場合

商品を安く購入し、高く売ることが基本。

 

商品を自分が売る前に高く購入していては

儲かるものも儲からない。

 

この為、商品を高く売りつけてくるamazon転売屋の対策は必ず必要になる。

そこで役に立ってくるのが、最近、開発されたamazon転売屋チェッカーだ。

 

これは悪質な転売屋に対してamazon上に転売ヤ―と表示される。

これで簡単に悪質な転売ヤーは見分けられるから安心だ。

 

 

amazon転売を個人で行う場合

気になるものの一つに手数料だ。

 

amazon販売の手数料の一覧としては、

大きく10項目がある。

 

〇小口出品・大口出品

〇amazon販売手数料

〇カテゴリー成約力

〇FBA配送代行手数料

〇在庫保管手数用

〇FBA在庫の返送・所有権の放棄の手数料

〇FBA購入者返品手数料

〇FBA長期在庫保管手数料

〇FBAの納品不備受領作業手数料

〇その他の手数料

 

がある。

細かくはまた別に紹介したい。

 

【amazon販売】発送先、別で個人情報は?販売元が変わるとビジネスに!転売屋リストと見分け方、おすすめツール

 

さっきも伝えたが、amazon転売ビジネスを始めようとする時には

商品を安く仕入れることが基本。

 

その為には悪質なamazon転売屋には引っかかってはダメだ。

そこで簡単に見分けられるのが、さっきも話した

amazon転売屋リストであるamazon転売屋チェッカー

 

 

それ以外にamazon転売屋の見分け方としては、

基本的には出品者を見ること

見るポイントとしては、販売/出品の欄に「amazon.co.jp」と書いてあれば、

その商品はamazonから販売されているということ。

 

 

役立つツールとしてamazon転売のツールとしては、

代表的なところでは、

 

DELTAtracer

これは、amazonでの商品ランキングや価格の推移

売れ行きなどを見ることが出来るツール。

 

FBA Calculator Widget

これは出品したい商品の販売手数料保管手数料

出荷手数料といったamazon転売にかかる各手数料を

amazonの商品ページから一瞬で出せるツール。

 

モノサーチ

これはamazonページ内からヤオフク、楽天、

メルカリやモノレートといった複数のサイトと連携して

amazon以外の商品情報をまとめて表示できるツール。

 

などがある。

実際にamazon転売をするときには

使ってみてほしい。

 

 

また、amazonおすすめ商品ランキングなどをチェックする

などもamazon転売をする上では有効だ。

 

メルカリ、ヤオフクとamazonの転売は違法!?やり方次第では転売屋の通報も…手数料と発送できる個人、一覧

 

ヤオフクamazon転売 通報、

メルカリamazon転売 通報、

amazon転売屋 通報

などの検索が増えている。

 

マナーやモラルのない転売屋に対する悪いイメージから

取り締まり警察のように通報する人が増えているということだ。

 

転売すること自体は悪いことでは一切なく

商品を安く買い、高く売るという商売の基本だ。

 

だから、各サイトのガイドラインや規約をしっかりと守っていれば問題ない。

ガイドラインや規約は変更されることもあるから注意。

 

 

amazonでは、amazon転売屋一覧として、

転売屋チェッカーがある。

 

これは個人が作成したツールであり、

amazonに申告しても訂正が難しい為、

日頃から購入者には丁寧な対応を心がけたい。

 

 

メルカリ転売の話が出たところで、

amazonからメルカリへの転売もおすすめしておこう。

 

amazonでは破格の値段で商品が出品されることがあり

メルカリへと転売することで、利益がでることも多い。

 

amazonヤフオク転売ツールとして、

作業効率を上げるためには

ツールを使っていくことは大事な事だ。

 

出品管理に特化したツール商品管理に特化したツール

一括して管理可能なツールなどがある。

 

ただ、各サイトでは一定のツールを禁止していることもあるので、

使う前には注意が必要だ。

 

 

米アマゾン転売のやり方としては、

日本の商品は米アマゾンではとても需要のある商品だ。

 

しかも、米アマゾンはすべて英語表記だけど、

翻訳機能を使えば、ほぼ問題ない。

 

売れ筋の日本商品米アマゾンのホームページから

検索フォームに「Japan import」と入力して検索すれば

日本からの輸入品一覧が表示されるから参考にして欲しい。

 

ただ、海外の銀行口座が必要だからそこだけは注意だ。

 

 

amazonでは商品発送などの都合上、

販売元に個人情報が分かる仕組みになっている。

 

この為、詐欺などの悪用にされることもあるので、注意が必要だ。

 

販売元がamazonになっているものは問題ないから、

購入する時の目安にして欲しい。

 

amazonで販売、手数料の計算は?(販売手数料)ログインして消費税をチェック!発送で違う手数料は高い!?

 

amazonで販売する場合には

ログイン画面から

まず、アカウントを作成する。

 

出品者アカウントを登録出来たら、

出品者用ページに入り、商品の登録を行う。

これで販売をしていく流れとなる。

 

 

amazonで販売する場合、色々な販売手数料がかかる。

その販売手数料に対しても消費税が2015年より

税法の改正によりかかるようになった。

 

amazon販売手数料のカテゴリ―として大まかなものをみてみよう。

 

・販売手数料 8% パソコン・周辺機器、楽器、カメラなど

・販売手数料 10% 車・バイク用品、おもちゃ類やホビー用品、スポーツ・アウトドア用品など

・販売手数料 15% シューズ・バック、服・ファッション小物、DIY用品、工具など。

 

カテゴリ―の中でもamazon販売手数料の食品に関しては

1商品あたりの売り上げ合計が、

1500円以下は8%、1500円を超えるものは10%となる。

 

 

amazonの販売手数料が高いとの話もあるけど、

もちろんamazonで販売する場合には色々な手数料がかかり、

自分が出品した商品に対して、手数料がかかってくるのは

確かに高く感じることもあるかもしれない。

 

だけど、amazonの集客力やサイトの運営費などの

コストパフォーマンスを考えたら、それを全て自分で行うことを考えたら、

販売手数料とても安く思えるはずだ。

 

 

amazon販売元が違う、amazonで販売、発送が違うなどがある。

基本的にamazonには販売形式が3つある。

 

・amazonが販売・発送をする商品

・ストアが販売、amazonが発送をする商品

・ストアが販売、発送をする商品

 

このことにより、販売元が違うことや発送が違うことが起こる。

 

 

ただ、これには用心をしないといけないこともある。

amazonの販売元には購入者へ発送するために、

個人情報が分かるようになっているからだ。

 

だから、怪しい出品者から購入しないように

amazonの販売確認はするようにした方がいい。

 

amazonで販売する方法(販売者)販売元が中国!?検索して絞り込み、問い合わせで確認する方法 偽物も!?

 

amazon販売で発送されたものに偽物がある場合がある。

なんでそんな事が起こるか?

 

もちろん、全てがそのことが原因ではないが、

amazonの販売元が中国になっていることが影響も多い。

 

 

でも、サイトがamazonなら心配ないでしょ

と思ってしまうが、

サイトがamazonでも、amazonの出品に対しての審査は意外と緩く

amazon販売者として登録することが出来る。

 

利用料金も安い為、中国の詐欺業者が入ってきてしまっているんだ。

通報が入り、アカウントが閉鎖されてもまた、

新しく作ってのイタチごっこ状態だ。

 

 

偽物の商品をつかまされる以外にも、

amazon販売者には個人情報が分かってしまうのだ。

 

なぜ、amazon販売で個人情報が洩れるのかは、

amazonでの販売では、販売元が発送する為に、

氏名や住所などの個人情報がばれてしまうのだ。

 

このような怪しい中国の販売元は避けていきたい。

 

その為にはamazonの販売元を絞り込みamazonの販売の発送の絞り込みをしたり、

amazonの販売者検索、amazon販売者絞り込み、amazon販売者情報、amazon販売元検索、

amazon販売 発送 違い、amazon販売者確認、amazon販売 発送 検索などの

キーワードを使って検索し、事前に中国の販売元を避けていく努力も必要だ。

 

 

もし、キーワードを使って避けていても、万が一、

怪しい中国の販売元から購入してしまった場合には慌てずに、

amazonの販売元を確認する方法を見てみよう。

 

それにはamazon販売問い合わせをする必要がある。

 

Amazonの販売者に連絡をする方法としては、

問い合わせをしたい商品の詳細ページを開いたところにある価格の少し下の

「〇〇が販売、発送します。」の【〇〇〇(出品者名)】の部分をタップ。

 

出品者の詳細情報が出るから、「質問する」をタップする。

そこでメッセージの入力フォームが表示されるから、

伝える内容を入力して「送信」ボタンをタップ。

 

この方法で問い合わせてみよう。

 

 

他にもamazonの販売者を絞り込みをすることで、

全てamazonが販売・発送までをしている商品を選ぶことも出来るので、

amazonでは販売者の絞り込みは積極的に行いたい。

 

 

最後におまけに、amazonでの電子書籍

だれでも簡単に出版・販売が個人でできるので、

本をいつかは出版したいと思っていた君にはとてもおすすめだ。

 

紙の本で自費出版するのはとてもハードルが高いけど、

amazonでの電子書籍なら、無料で作ることが出来るからだ。

 

興味がある人は是非、やってみて欲しい。

 

まとめ

 

ここまでamazonでの転売の方法を伝えてきたけど、どうだっただろう。

やってみたいと思ったかな。

 

本業や副業で行うとしても、amazon転売は、

基本的にパソコンが一台あればやってみることが出来る。

 

自分が伝えた情報をきちんと知った今では、

そこまで怖がらずにやってみることが出来るはずだ。

 

行動しなければ、欲しいものは手に入らない。

 

まずは、amazonのアカウントを作ることから始めてみよう。

 

タイトルとURLをコピーしました