Amazon再配達できない0120899068?自動音声「再配達をご利用いただけません」…アマゾン再配達できない(出来ない)場合

日常

 

Amazonを利用している人は多いですが、

配送についてのトラブルも増えてきています。

 

荷物を受け取れなかった場合、

再配達を頼むこともありますが、

 

再配達ができない、問い合わせが出来ない場合

どうしたらよいのでしょうか。

 

 

Amazon再配達できない(出来ない)?不在票、アマゾン再配達できない(再配達依頼が利用できない)場合

 

Amazonには再配達サービスがあるはずです。

 

しかし、それができないことがあるとしたら

困る人も多いのではないでしょうか。

 

宅配で送られる荷物の受け取りが出来なかった場合、

通常は不在票が、ポストなどに入れられているはずです。

 

しかし、最近その不在票が入れられていないことが

あるようです。

 

荷物を受け取ることが出来なくても、

不在票がなければ、どこに連絡をすればよいのか

わからず、再配達依頼できないということになります。

 

そろそろ荷物が届くはずだということに

気が付いていればよいのですが、

それにさえも気が付かないという恐れもあります。

 

 

Amazonの0120899068(0120ー899ー068、0120-899-068)!アマゾン再配達の電話(自動音声)、再配達の自動受付の電話番号

 

Amazonの再配達を依頼するには、

不在票に書いてある

運送会社の連絡先に電話をするのが一般的です。

 

しかし不在票がなければ、

再配達を依頼しようにも連絡先がわかりません。

 

連絡先がわからない場合はネットで依頼するか、

Amazonの自動音声0120-899-068に電話をして

再配達依頼をすることが出来ます。

 

このフリーダイヤルの電話番号では、

自動音声により案内されるので、

その指示の通りにすれば再配達は自動受付されます。

 

 

Amazonがいくつかの運送会社と連携して

この電話番号で受付をしているということですが、

 

このようなサービスがあるのは

商品を販売しているAmazonに配送が完了するまでの

責任があるからでしょう。

 

 

しかし配送や不在票を入れる作業は

配送会社が行うことです。

この点は責任を持って行ってほしいものです。

 

 

Amazonの再配達の自動音声「再配達をご利用いただけません」…できない番号

 

Amazonに苦情が増えているのは、

再配達ができないという

自動音声が流れるケースについてです。

 

再配達の依頼のために電話をかけても、

「再配達をご利用いただけません」という自動音声が流れ、

そのまま通話が切れてしまうことがあります。

 

これでは、この後どうしたらよいのか

わからず困ってしまいます。

 

 

Amazonでは、受け取る人が長期間不在であったり

受け取り拒否をした場合、

 

また受取人の電話番号などの情報が、

間違っていると再配達できないようになっているようです。

 

当たり前のことですが、

電話番号などの個人情報は

間違って記載しないように注意する必要があります。

 

 

Amazon(アマゾン)再配達の電話(自動音声)、最後が英語?

 

Amazonの再配達を電話で依頼する場合、

0120-899-068は自動音声なので簡単ですが、

 

この自動音声の

最後が英語で案内されることも

ネットで話題になっています。

 

最後に英語で何か言われているが

何を言っているのか理解できず、不安だというものです。

 

確かに、最後の最後に大切な何かを

聞きもらしているのではないかと思うと、

大切な荷物がきちんと受け取れるか不安になるでしょう。

 

Amazonはアメリカの企業なので

このようなことが多々あります。

 

この最後の英語アナウンスは、

再配達の受付がきちんと完了したことを

伝えているだけなので聞き取れなくても大丈夫です。

 

比較的英語力に不安がある人が多く、

まじめな性格の人が多い日本では、

 

最後まで日本語で

アナウンスしてもらいたいものですが、

ここはアメリカ企業らしいところかもしれません。

 

 

TMG、再配達したいがつながらない?Amazonが契約解除?https://www.saqura-web.com/sbs_ltrc/など

 

Amazonの配送についてクレームが増えているのは、

Amazonが配送を自社で行っていないことが原因です。

 

Amazonから委託を受けた一部の配送会社が、

最後まで責任を持って

仕事をしていないケースがあるからです。

 

 

Amazonなどの通販を利用する人が増え、

配送会社の仕事が急増して

サービスの低下につながっているという背景もあります。

 

配達しても不在である家、

連絡がつかない家があるのも事実です。

 

そんな中、株式会社TMGのように

問題になった会社もあります。

 

 

再配達の連絡をしようにも

電話がつながらないなどのトラブルから、

Amazonとの契約解除となりました。

 

www.saqura-web.com/sbs_ltrc/という

URLの会社も問題があるという噂があります。

 

今後Amazonとの契約が解除になる会社は

まだ出てくるかもしれません。

 

 

まとめ

 

Amazonの配送でトラブルが増えているようです。

 

配送を担当する会社は

サービスの低下に気を付けてもらいたいものです。

 

合わせて、受け取る側も必ず受け取れる日時に

時間指定をするなどマナーを守るべきです。

 

タイトルとURLをコピーしました