そら豆に病気が!(黒い)そらまめ豆苗の黒い画像

日常

 

そら豆の病気で

黒い変化が起こる症状があるが、

そら豆の粒そのものが

黒く変化することは稀である。

 

そらまめ豆苗でも

黒い点が出ることがあるが、

こちらも病気ではなく

豆苗の栄養素が由来である。

 

 

そら豆の病気(黒い豆)を検索

 

そら豆のむき実で一部だけ

線のように黒くなっている部分は、

お歯黒といい、実とさやが

つながっていた部分である。

 

この実と、さやがつながっていた部分は、

むき実にした直後は緑色であり、

鮮度を見分けるポイントの一つでもあるのだ。

 

むき実のそら豆で、

黒い変色をしていることもあるが、

その場合は黒そら豆である場合があるので、

まわりのそら豆とよく比べてみるとベターだ。

 

普通のそら豆よりも小さく、

すこし違うことに気づくはずだ。

 

 

そら豆の病気で黒い変色を起こすことは、

豆実ではなく、葉やさやの部分であり、

実の黒い変色では過度に恐れる必要はないのだ。

 

鮮度の面では、

必ずしも鮮度が良いとは言えないので、

調理方法や食用の判断は慎重にするべきである。

 

 

そら豆は農業をする人にとっては

メジャーな作物であり、

初心者にも育てやすい豆でもあり

家庭菜園でも手軽に育てることができる作物だ。

 

メジャーな作物であるからこそ

葉や、さやの病気は

よく直面する現象である。

 

 

そら豆は、水分過多や多湿に弱いので、

水のやりすぎや

雨の量には注意が必要である。

 

当然ではあるが、

水不足に強いという意味ではない。

 

雨が降らない場合は

適宜水やりをしてやることが必要で、

その場合はしっかりと水はけを良くして、

ジメジメとしないように、しなければならない。

 

そら豆の特徴を把握し、

病気にならない環境を

整えてやることは重要だ。

 

 

同時に虫の被害についても

対策を練る必要がある。

 

とくにアブラムシ対策は

しっかりと行う必要がある。

 

アブラムシは

さまざまな病気を持ち込むリスクが高いため、

注意が必要なのだ。

 

アブラムシは作物の栄養分を奪ってしまい

成長を阻害してしまうだけではなく、

黄化病やモザイク病という

ウィルス性の伝染病を媒介するので厄介な存在である。

 

 

そらまめ豆苗に黒い点が!

 

今では市民権を得たともいえる豆苗だが、

そら豆の豆苗が話題になっている。

 

その、そらまめ豆苗も

黒い点が出る変化が起こることがあるのだ。

 

ただ、ネット上で閲覧できるのは

通常のそら豆の画像がほとんどで、

どのように黒く変化するのか

詳しく分かるものを探し当てることはできなかった。

 

もともと、そら豆の豆苗には、

ポリフェノールが多量に含まれていて、

黒い色素は、

そのポリフェノール由来であることが解明されている。

 

したがって、

豆苗そのものの害となるような

ものではないので、

過度に神経質になる必要はないのである。

 

そら豆の豆苗で黒い点が見られる、

ということで、アブラムシといった

害虫による被害を疑う声も多かった。

 

そら豆はメジャーな作物であるということであり、

その対策についても

とても一般化されているようで

家庭菜園の定番であることがうかがえた。

 

黒い部分ができる場合は、

生理障害であることも多く、

肥料のやりすぎが原因になることもあるそうで、

連作ができない作物であることも配慮が必要だ。

 

 

まとめ

 

そら豆が黒くなることは

鮮度が良くないことが

原因である場合がほとんどである。

 

さやが黒い場合は

さやから中の豆を取り出すと、

まだ緑で問題なく食べられることが多い。

 

そのように

さやから取り出した豆の粒の鮮度も、

お歯黒を目安にすれば、

ある程度は鮮度を計ることができる。

 

そら豆はメジャーな作物であると同時に

連作障害を起こしたり、

水やりや土の状態に気を配る必要があって

繊細な作物である一面もあることが意外であった。

 

そら豆の豆苗も、

人気の野菜のひとつで

ポリフェノールが

とても多く含まれているという特徴がある。

 

その豆苗もポリフェノール由来の

黒い点が現れることがあるが、

鮮度の問題であり、黒い点があると

食べることができないということはないのである。

 

 

タイトルとURLをコピーしました