佐川急便の法人の契約の方法や料金、条件を紹介!料金表、メリットは?料金は定価へ?カード決済できる?

日常

 

普段私たちが佐川急便を利用するときは、

個人契約で利用していることが多いが、

会社でサービスを受け取る時、

法人で契約をして利用することとなる。

 

今回はその法人契約について見ていこう。

 

 

佐川急便の法人の契約の方法や条件を確認!メリットは?

 

まず、法人契約とは、会社として

佐川急便と契約をしてサービスを利用することである。

 

当然個人と法人で区別をされているのだから、

何かしらの違いがあるはずである。

まず、佐川急便の法人契約のメリットを見ていこう。

 

 

法人で契約をするメリットは、

 

・配達料金が個人よりも安い(?)

・料金を1ヶ月毎で支払うので、手間がかからない

・集荷や伝票のサービスの面で個人よりも細かく受けられる

(具体的に、集荷に運送会社が定期的に訪れてきてくれる、など)

・原則現金での支払いだが、クレジットカードで支払いができる

 

といったところである。

見ていくと、支払いの面で違ったり、

集荷の面でサービスが受けられたりする。

 

 

といったメリットがたくさんあるわけだが、法人契約、という名前なので、

個人で利用するのには無縁では、と思う方も多いだろう。

これに関しては、結論、個人でも法人契約をすることが出来る。

 

ただし、佐川急便で法人契約するには条件があって、

月に何個以上の配達をお願いするか、

で契約してもらえるかが決まる。

 

目安は数百個以上で、数十個では契約してもらえない、

と思ったほうがいい。

 

なので、月に数百個以上の荷物の配達をお願いするときは、

法人契約をしてみるのもいいだろう。

 

佐川急便と法人契約をする方法は、

まず、「スマートクラブ for business」というサービスに

登録をすることで行うことが出来る。

 

 

佐川急便の料金は?カード決済できる?

 

では、佐川急便の法人契約をしたときの料金について見ていこう。

 

先ほどは、法人契約での料金は、個人で利用するより安くなっている、

と書かせていただいたが、佐川急便の配達員の人件費の削減などを理由に

何度か値上げされている。

 

なので、現在では、佐川急便の法人契約での料金は

個人での定価へと変わらないぐらい値上げされてしまった。

実際、佐川急便の法人契約でのサイズ料金表を検索すると、

個人と変わらないようなものが出てくる。

 

 

次に、法人での料金の支払い方法について見ていこう。

 

まず、個人でのサービス利用時、料金の支払いは原則現金でのやり取り

というのは配達員が訪ねてきたときは現金でのやり取りしか行えなく

営業所に足を運んだときは、場合によってはクレジットカードを利用することが出来る。

 

しかし、佐川急便の法人での契約では、料金が1ヶ月単位で、

カード決済で支払いが行えるのである。

 

この点に関しては、1つ大きなメリットといえるだろう。

 

 

まとめ

 

今回、佐川急便の法人での契約について書かせていただいた。

 

まず、法人とは会社などの組織単位のことで、

法人契約をすれば、様々なメリットがある。

 

具体的には、料金の支払いの面では、

クレジットカードで支払いが行えることや、

1ヶ月単位で支払いが行えることである。

 

他にも、配達員の方が定期的に訪ねてきてくれるので、

配達員を手配するなどの手間も省ける。

 

 

料金に関しては、もともとは安かったのだが、

何度も値上げが繰り返されて、現在ではあまり恩恵が受けられない。

 

このようにメリットはたくさんあるわけだが、

個人で利用する人には無縁なのか。

 

これに関しては、一応個人でも法人契約はできるが、

それには条件があって、配達をお願いする荷物が

月に数百以上ないと契約できない。

 

もし契約したい時は、「スマートクラブ for business」というサービスに

登録をすることで行うことが出来る。

 

タイトルとURLをコピーしました