amazonので商品名がわかる…潰れても再利用可能?サイズで大きい種類は?箱なしで届いた場合…

日常

 

amazonの箱(ダンボール)が潰れていた場合、

返金などしてもらえるのだろうか。

 

そこで、ここではamazonの箱に関する返金保証や、

商品より明らかに大きすぎる箱に詰められて送られてくる

amazonの箱の謎について説明する。

 

 

amazonの箱が潰れていた…箱の返品、返金方法、再利用や交換、返品は箱が大きい場合でも大丈夫?

 

やっとamazonから荷物が届いたと思ったら

amazonの箱が潰れて破損していたということは

たまにある。そうなるとテンションはダダ下がりだ。

 

 

amazonの箱が破損していたら

中身がどうであろうと

それだけで返品したくなる気持ちは分かる。

 

そしてamazonの箱潰れ、返金は可能かどうか

という問題については考える人もいるだろう。

 

 

しかし結論から言うと

「中身が無事で外側の箱だけが潰れていた」

という場合は返金は不可能だ。

 

もちろん箱と一緒に中身も壊れていたら

返品・返金対象になる。

 

 

しかしダンボールは商品を守るための

ただの梱包材であって商品ではない。

 

だから、ただダンボールがへこんでいても

お金を払う義務はないですよということで、

これはよく考えれば当たり前だ。

 

 

ではもし、箱と一緒に中身も壊れていて

amazonに返品する場合、

返品する商品を入れる箱はどうすればいいのだろうか。

 

潰れた箱が使えそうならそのまま利用していい。

 

しかし使えなさそうなら、残念ながら

代わりの箱を実費で用意するしかない。

 

amazonに返品する時の箱のサイズは

特に決まっていないので、大きいものでもいいが、

大きいと面倒だしその分送料も高くなってしまう

 

(これは相手支払いの場合もあるが、

どちらにせよ小さい方がいい)

適切なサイズを選ぶようにしよう。

 

 

amazonに出品された商品を買って、

箱が潰れていたというトラブルはそこそこよく聞く。

 

どこで箱が潰れるかについては、

仕分け作業をする時や運ぶ時など配送関係が多い。

 

ただ海外と違い、日本の配送はとても丁寧なので

箱は潰れていても中身は無事という場合がほとんどだ。

 

 

もしamazonの箱が潰れていても、

まずは中身を確認して

損傷していないかどうかをチェックしよう。

 

そしてもし問題ないのなら、

段ボールが衝撃から荷物を守ってくれたのだから

問題なしと考えるようにしよう。

 

 

amazonの箱のサイズの最小や種類と箱が大きい理由

 

amazonで商品を注文すると、

商品のサイズよりだいぶ大きな箱で届けられることが多い。

 

基本的に箱は大きくなればなるほど、配送料が高くなる。

 

だから商品が小さいのに、大きなダンボールで送ると

その分送料が上がり、amazonとしても

損していると思うのだが、これはなぜだろうか。

 

 

実は小さな商品でもアマゾンの箱が

大きいのには理由がある。

 

というのも大手通販メーカーであるアマゾンには、

毎日たくさんの注文がくる。

 

amazonの商品の箱詰めは機械ではなく、手作業だ。

つまりamazonの従業員はその注文ひとつひとつを見て、

倉庫にある商品を律義にダンボールに詰めていく。

 

 

しかし、その時にその商品のサイズにあった箱を

いちいち探すのはとても手間がかかる。

 

それよりは、ある程度箱を画一化し

 

「ここからここまでの大きさの商品は

すべてこのサイズの箱に入れる」と

決めてしまった方が効率が良いのだ。

 

 

amazonの箱を同じサイズに合わせると

箱を選ぶ手間がなくなり、

amazon箱業務効率が上昇する。

 

そのために多少配送料が高くなっても、

大きい箱が使われるのだ。

 

ちなみにamazonの箱の種類はいくつかあり、

その大きさも色々ある。

 

ただ、「32センチ×25センチ」というのは

重要なようで、amazonの箱でサイズが最小の物は

 

「32センチ×25センチ×0.5センチ」と

かなり平たい箱になっている。

 

 

せっかく商品が売れても、

配送中に商品が破損し返品されてしまっては意味がない。

 

だからamazonは商品が途中で破損しないよう

梱包にこだわっている。

 

最近ではamazon梱包要件セラーセントラルも

かなり厳しくなり、よりしっかり商品を守るようになっている。

 

アマゾンの箱が商品に対してかなり大きいのは、

中の商品を守るためという意味もあるのだ。

 

 

商品が届いたら、特に何も考えず

さっさと解体してしまうダンボールだが、

このダンボールが遠い倉庫から運ばれた荷物を

 

ずっと守ってくれていたということを考えると

ありがたいような切ないような不思議な気持ちになる。

 

家ではダンボールは、他に使い道がないので

破棄するしかないが、

 

これからは一言ダンボールに

「ありがとう」と感謝してから捨てるようにしたい。

 

 

まとめ

 

amazonの箱は、外側の箱が潰れただけでは

返金対象にはならない。

 

返金対象になるのは、あくまで中の商品が

壊れていた時に関してのみだ。

 

だからもし、amazonの箱が潰れていた時は、

まず中身をチェックして破損がないかどうか確認しよう。

 

そして中身に異常があった時のみ

返金や返品を要求するようにしよう。

 

タイトルとURLをコピーしました