佐川急便のサイズ制限ラージ220×260×60サイズの送料、170は?料金、上限、測り方、最大、料金表など

日常

 

佐川急便の荷物のサイズに制限はあるのか。

 

また、サイズと値段の関係についても

知っておいて損はない。

 

では早速見ていこう。

 

 

佐川急便のラージサイズの荷物で170×260×160のサイズの料金はどれくらい?料金表一覧…

 

まず、佐川急便では荷物のサイズごとに値段が異なる。

また、サイズの上限の設定がある。

 

具体的に、通常の宅配便160サイズ

ラージサイズ宅配便260サイズ

と定められている。

 

この、160サイズとか260サイズは、佐川急便の通常の宅配便も、

ラージサイズ宅配便も測り方は同じで、

縦・横・高さの3辺の合計を測ったものである。

 

 

また、サイズともう1つ条件があって、それは重さである。

通常の宅配便では重さ30kgまで、

ラージサイズ宅配便では50kgまで、

となっている。

 

なので、サイズと重さどちらかが

通常の宅配便の条件を超える場合は、

ラージサイズでの配送、となる。

 

ここで、具体的な料金表を見ていく。

料金はこのようになっている。

 

なので、佐川急便の荷物の各サイズの料金は、

例えば160サイズだった場合、通常の宅配便となり、

おおよそ2000円となる(ただし、重さは30kgまで)。

 

170・260・160の3つのサイズを送ったとき、

料金はおおよそ3000+8000+2000=13000円となる。

 

 

表を見てわかることは、真ん中の本州のほうが

交通の便の良さからか、値段も安いことが分かる。

 

また、ラージサイズになると

料金は格段に上がっていることが分かる。

 

なので、梱包のサイズを小さくなるように工夫したり、

空気を抜いて少しでも重さを軽くしたりして

値段を抑えていくのも大事だと思う。

 

料金表については、「佐川急便料金検索」で

調べることもできる。

 

また、ラージサイズの着払い料金は、

通常より料金が高額になるので覚えておこう。

 

 

佐川急便のサイズは制限があるの?料金はどうなる?220×260×160の場合は…?

 

佐川急便の大きさ制限、重さ制限はそれぞれ通常の宅配便では160サイズ、30kg、

ラージサイズ宅配便では260サイズ、50kg、ということは先ほど記載もしたし、

表を見てもお分かりいただけるだろう。

 

なので、佐川急便の各サイズの料金は、

160サイズの時、おおよそ2000円なのも表からも見て取れる。

 

220・260・160の3つのサイズを送ったとき、

料金はおおよそ5000+8000+2000=15000円となる。

 

 

また、サイズには少し条件があって、

3辺のうちの短い2辺の長さの合計が90cmを超えるものは

送ることが出来ない。

 

また、佐川急便の荷物の大きさが最大どれくらいかというと、

ラージサイズ宅配便では260サイズが上限だが、

大型家具・家電設置運送サービスであれば600サイズ、80kgまで可能となる。

 

この、佐川急便の大型家具・家電設置運送サービスの最大サイズ料金は、

「佐川急便料金検索」で佐川急便のwebページに入ってもらい、

右側の方にある「料金一覧」を選択してもらうと、

「大型家具・家電輸送サービス 料金一覧」の記載が出てくるので、

それを選択すると料金表が出てくるので必要な方は調べてみよう。

 

 

まとめ

 

今回、佐川急便の荷物のサイズについて書かせていただいた。

 

まず、佐川急便の料金は荷物のサイズと重さで決まり、

サイズは縦・横・長さの3辺の合計であることは分かっていただけただろう。

 

さらに詳しい値段は料金表を見れば一目でわかるので

そちらを参照していただきたい。

 

 

また、サイズと重さに関して、通常のものと、

ラージサイズがあり、通常のものは160サイズ30kg

ラージサイズ260サイズ、50kgであることも分かっていただけただろう。

 

どちらかが条件を超えてしまうとラージサイズでの扱いとなり、

値段も大幅に上がってしまう。

 

なので、梱包するときなどは、

様々な工夫を凝らしていきたい。

 

 

ラージサイズよりも大きいものに関しては、

大型家具・家電輸送サービス、というものがある。

 

こちらも料金表の記載は

web上に記載されているので

閲覧してみると良いだろう。

 

タイトルとURLをコピーしました