picture managerの使い方(microsoft office)!picuture managerの使い方を詳しく紹介

日常

 

picturemanagerの使い方は、とても簡単で幅広い。

 

同じmicrosoftofficeのwordで書類やフライヤーを作成する際も

picturemanagerの使い方次第で、

多種多様のとてもクオリティの高い作品

作り上げることが可能だ。

 

 

picture manager(microsoft office picture manager) の 使い方

 

写真や画像の編集ソフトとして、

わかりやすく使いやすいソフトであり、

windows7より以前は標準でインストールされていたことも、

使い勝手が良いソフトの理由だ。

 

パソコンでwordを使って

書類やフライヤーを作る際には、

画像の使用や編集は必須になる。

 

書類作成のための画像や写真を作るのに必要な機能は、

picturemanagerにある機能でほとんどが対応できるので、

wordと同じmicrosoftofficeのpicturemanager

とても心強いソフトである。

 

 

写真や画像の編集で、便利な編集ソフトの代表格

picture managerである。

 

picture managerはmicrosoft officeソフトの機能の1つで、

microsoft office 2010まで標準で入っていたソフトで、

現在は後継ソフトにあたるmicrosoft photo editor

標準でインストールされている。

 

 

photo ediorではpicture managerにある

編集機能のほとんどが削減されているので、

picture managerのような使い方ができない。

 

編集ソフトではなく

管理ソフトの側面が強い。

 

 

microsoft office picture managerを使うときは、画像を開いている状態で、

右クリックをしてプログラムから開くを選ぶと、

microsoft office picture managerの起動画面になるので、

これがmicrosoft office picture managerの使い方の初歩である。

 

ソフトが立ち上がれば、あとは編集するだけである。

 

 

microsoft office picture managerの使い方

サポートが終わって取説もないが、

microsoft公式のサポートページ上で、

簡単な使い方を知ることは可能である。

 

 

ピクチャーマネージャー (windows10 64bit)の使い方、picture manager

 

ピクチャーマネージャー windows10 64bitの使い方は、

ソフトをインストールする作業が必要になる。

 

windows10 picture managerというソフトは存在せず

ピクチャーマネージャーが標準でインストールされているのは

windows7より古いパソコンだからだ。

 

現在のパソコンではwindows10が主流であるので、

picturemanagerをインストールしなければ、

windows10ではpicturemanagerを使えないのだ。

 

 

microsoftのダウンロードセンターから、sharepointdesigner 2010をダウンロードすれば、

picturemanagerが使えるようなるのだが、picturemanager以外のソフトもダウンロードされてしまうので、

picturemanagerだけが欲しいという人は、sharepointdesigner 2010をダウンロードした後に

いくつかの手順を踏めば解決する。

 

 

SharePointDesigner 2010をダウンロードした後、

ダウンロードファイルの実行し、

インストールの種類を選択してくださいのページで、

ユーザー設定を選択。

 

Sharepointdesignerとoffice共有機能のすべてをダウンロードしない

に変更し、officeツール内のmicrosoftofficepicturemanagerのみダウンロードする

にチェックをつけると、picturemanagerのみインストールすることができる。

 

 

このプログラムから起動した、

ピクチャーマネージャーの使い方は、

今まで通りで問題ない。

 

 

まとめ

 

ピクチャーマネージャーは、パソコンの初期からインストールされている

無料ソフトでありながら、

画像編集ソフトとしての機能はとてもカバー範囲が広く、

使い勝手が良いソフトの代表格であった。

 

Windows7以降では、ピクチャーマネージャーではなく

フォトというソフトがインストールされているが、

機能面からみて、画像の管理ソフトとしての意味合いが強い。

 

 

初期インストールされておらず、ピクチャーマネージャーが必要なとき

microsoftの公式ホームページからダウンロードできるので、

ダウンロードする方法がある。

 

ダウンロードしたピクチャーマネージャーの使い方は、

今までの使い方と変わりなく使うことができるので、

少しの手間をかけてでもダウンロードする価値は大きい。

 

 

基本的な画像編集や画像加工は、

ピクチャーマネージャーのみで可能になるので

microsoftofficewordとの相性もよく、

簡単な書類やフライヤーの作成は問題なく行える。

 

 

日常のシーンで使用する無料の画像編集ソフトは、

ピクチャーマネージャーの一択ではないか、

といえるレベルの優良ソフトと思って間違いない。

 

タイトルとURLをコピーしました