r10.to/rpointcard/とhttp //r10.t/rpointcard/とhttp://r10.to/rpointcardは別サイト?

日常

 

楽天カードいまやCMでも有名なカードのひとつだ。

 

楽天市場とよばれる通販サイトなどでは楽天ポイントがたまる。

楽天カードを使用するとなおたまりやすくなる。

 

r10.to/rpointcard/のサイトなど紹介していく。

 

 

r10.to/rpointcard/とhttp //r10.t/rpointcard/の検索結果の違いは?新規登録の希望はこっち?

 

r10.to/rpointcard/http //r10.t/rpointcard/検索結果の違いは、

検索エンジンのバーに両方を入力すると一目瞭然だ。

 

r10.to/rpointcard/のほうだと、

楽天カードのホームページに飛ぶ。

 

http //r10.t/rpointcard/のほうは、

楽天カードの検索結果一覧のページへと移動する。

 

楽天ポイントカードの新規登録をしたいのであれば、

r10.to/rpointcard/のページに行くべきだ。

 

 

楽天カードCMでみているものはクレジット機能の付いているものだ。

 

 

そのほかにも、クレジット機能がついていない

楽天ポイントをためたり使用するためだけのポイントカードがあることを

知っている人は少ない。

 

楽天ポイントの提携先だと、クレジット機能がついていない

楽天ポイントカードを出すだけでその場で楽天ポイントがたまるうえに、

その場で1ポイント1円から使用することも可能である。

 

 

http://r10.to/rpointcardからが便利!楽天カードアプリやキャンペーン、お店情報やご利用ガイドも!

 

http://r10.to/rpointcardのサイトも

楽天ポイントカードの新規登録ログイン画面のページに移動する。

 

ここでは楽天カードの新規登録ができるだけではなく、

楽天カードを申し込むか悩んでいる人にとって分かりやすい利用ガイドも載っている。

 

楽天ポイントの貯め方や、楽天ポイントの使い方

楽天ポイントの提携先のお店の一覧や、

その時々で楽天が開催しているキャンペーンなどが

サイトですべて見ることが出来る。

 

 

楽天ポイント提携の店が自分の家の近くや、

職場の近くなどの自分の行動範囲のなかになければ

それほどポイントを貯めたり、使用する機会はないだろう。

 

しかし、近くにそのような実店舗がなかったとしても、

楽天ポイントインターネット通販サイト楽天市場で買い物をしても貯まる。

 

そのため、よくインターネット通販サイトを使用するのであれば

楽天市場を使用することでポイントはよく貯まるだろう。

 

 

そして楽天カードなどは楽天カードアプリでポイント数クレジットカードだと

使用金額などすぐに確認できる仕組みとなっている、とても便利だ。

 

クレジット機能付きのポイントカードだと、

CMでもたまに流れている通り、新規で申し込むだけで

楽天ポイントがたくさん貰えるというキャンペーンを

行っていることもあるので要チェックだ。

 

 

楽天ポイントを貯めるメリットとして、

そのポイントの還元率もある。

 

楽天スーパーセール楽天買い回りセールなどは1か月に一回や

数か月に1回行われている楽天市場でのキャンペーンである。

 

その時にまとめて購入することで、もらえるポイントがとても多くなる。

 

 

もらえるポイントには、どれだけ楽天のサービスを利用しているか

というのも、とても重要になってくる。

 

楽天カードや楽天市場のアプリ、それ以外にも楽天は

楽天モバイル楽天トラベル電気やガスなどの光熱費も、

楽天のサービスとして展開されている。

 

そして楽天銀行というネット銀行や、

楽天証券というネット証券会社などもある。

全部まとめて楽天経済圏などといわれることもある。

 

 

たくさんあるうち、どれだけ楽天のサービスを利用しているかというものが

楽天市場において購入したものにつくポイントに大きくかかわっている。

 

そのため、こだわりがなければ楽天に出来る限り

サービスをまとめることでよりお得になる。

 

 

(お店の名前)

ファミリーマート、すき家、サンドラッグ、マクドナルド、

DAIMARU、ユナイテッドアローズ、ユナイテッドアローズグリーンレーベル、

ココカラファイン、サンマルクカフェ、ミスタードーナツ

 

 

まとめ

 

楽天は調べるととても幅広いサービス展開をしている。

 

そのなかで、自分のライフスタイルに合わせて、

どうしたらお得になるか考え、楽天にまとめるかまとめないか

考えなければならないと思った。

タイトルとURLをコピーしました