ヒラメの保存方法(切り身の冷凍保存)、釣ったヒラメの保存方法は?刺身にできる?(冷凍保存)

日常

 

ヒラメの保存の方法

冷蔵と冷凍が一般的だ。

 

ヒラメの保存では、

冷凍保存において

食味が変わりやすく工夫が求められる。

 

ヒラメの保存は、

冷凍する前にポイントを押さえることと、

締める作業が重要である。

 

 

ヒラメの保存方法(切り身の冷凍保存)釣ったヒラメの保存は?

 

ヒラメの保存方法は、

2~3日の短期保存なら冷蔵保存

約1ヶ月の長期保存なら冷凍保存が最適だ。

 

ヒラメの保存の期間は姿のままでも切り身でも大差はなく、

ヒラメの切り身の冷凍保存でも、

保存の目安は1ヶ月である。

 

一度冷凍したものは身が崩れやすいため、

丁寧に扱うよう注意が必要だ。

 

 

釣ったヒラメの保存は、

冷蔵や冷凍の前に締める作業を行う必要がある。

 

締める作業で血を丁寧に抜かなければ

生臭いにおいが身に残ってしまうのだ。

 

 

締める作業の大きな流れはこうだ。

釣り上げたらすぐに締めることが理想的で、

ハサミやナイフを使うか、

エラを引きちぎる方法で締めて、血を抜く。

 

締めたらすぐに氷入りの海水に漬けて、

血が固まらないようにする。

 

この作業を終えた後で、

冷蔵や冷凍しなければ

ヒラメの味が落ちるのだ。

 

 

ヒラメの保存方法は?(冷凍して刺身に)ヒラメ冷凍保存で美味しい刺身(冷凍保存)

 

ヒラメを冷凍から刺身にする場合

ヒラメの保存方法に、

かなり手間が必要になる。

 

ヒラメの冷凍保存で生食の味が落ちる一番の原因

冷凍する過程に原因があるからだ。

 

急速冷凍が可能な環境であれば問題がないのだが、

家庭用の冷凍庫では、

急速冷凍に近い状況を作る作業が必須だ。

 

ヒラメの刺身を冷凍から美味しく食べるためには、

冷凍の手順でポイントを押さえることが重要だ。

 

ポイントを押さえることで、

生食の触感をより良い状態に近づくのだ。

 

 

ヒラメ冷凍保存で美味しさを保つためには、

まず、キッチンペーパーでしっかりとヒラメの水分をふき取り

水分を取った後は冷凍せずにジッパーにいれてしっかりと冷却する。

 

しっかり冷却されたものをアルミトレイに乗せて冷凍することで、

急速冷凍に近い状況を作れる。

 

食べる前に、冷蔵で1日かけてゆっくり解凍することで、

少しでも鮮度の良い状態に近づけることができ、

美味しい刺身になるのだ。

 

 

ヒラメ保存の方法を解説!冷凍のコツ

 

 

海釣りで釣ったヒラメ保存は、

ある程度の下処理や準備が必要である。

 

フィッシングで魚を食べるための処理で

共通の締めの作業を手早く行う。

 

締めが終われば、

釣り上げたヒラメの内臓を取り除いたうえで、

丁寧に洗ったあとキッチンペーパーなどで水分をふき取る。

 

よく洗って水分をふき取る作業は、

切り身にした場合も、同様におこなう。

 

下処理が終わったヒラメはラップで包み、冷凍する。

 

このときに、アルミトレイに入れると、

冷凍の速度が速くなる助けになる。

 

冷凍が終わったヒラメジッパーに移して、

密封すると良い状態をキープできる。

 

 

冷凍するときのコツは、

水分をしっかりと取り除くことと、

ヒラメを冷凍庫に入れた後、

1時間以上は冷凍庫を開けないことだ。

 

 

通常冷凍急速冷凍で違いが出る部分は、

氷の粒の大きさであり、

水分をしっかりとることで

氷が大きくなることを防ぐ必要がある。

 

同時に、密閉状態をキープすることで、

ヒラメの内部まで冷気を浸透させ、

過冷却を発生させる。

 

 

このコツを意識するだけで

ヒラメの味に差がでるのだ。

 

 

まとめ

 

冬の旬といえば、ヒラメである。

刺身にしても美味しいし、

煮付けても美味しい、

旬の魚は調理法を選ばず食べることができる。

 

 

当然ながら、鮮度が落ちないうちに頂きたいヒラメだが、

状況によっては、どうしても保存する必要が出てくることもある。

 

保存するならば、

美味しい状態をキープすることが最善であるから、

保存方法に気を付けるべきだ。

 

工夫ひとつで美味しさが変わらないのであれば、

工夫する手間は十分に価値のあるものだ。

 

 

昨今のフードロス問題の解消につながることであり

いただきます、の文化にふさわしいことだと思うのだ。

 

冷凍保存をして、

美味しいヒラメを長く味わうことができると考えれば、

冷凍保存にかかる手間も惜しくはない。

 

タイトルとURLをコピーしました