アマゾンの役員の一覧。役員用のデスク・椅子のセットは?日本の役員の一覧、年収、報酬をチェック。

日常

 

アマゾンの役員の一覧はどこで見られるのだろか。

そこで、ここではアマゾンの役員の一覧は

どうなっているのか、

 

アマゾンの役員の年収や報酬、

また役員用のデスクと

椅子のセットなどについても説明する。

 

アマゾンの役員の一覧をチェック。日本の役員の一覧、年収、報酬の内容も見てみよう。

 

ではアマゾンの役員一覧を見てみよう。

 

アマゾンの役員は

どんな人たちがいるのだろうか。

実はアマゾンの役職制度は日本と少し違う。

 

というのもまずアマゾンで働く人達は全員、

「レベル」という独自の

基準ステータスが与えられている。

 

レベルは1~12まであり、

レベル1~3が契約社員やアルバイトなど、

レベル11は各国の拠点の社長(1人)、

 

そして最高レベルの12は

アマゾンCEO(1人)専用だ。

 

 

その間にあるレベル4~11が

アマゾンの正社員枠となるが、

 

日本で言う「役員」は

レベル7~10に属する人たちになる。

 

アマゾンの拠点は多くの国に存在するが、

この制度はどの国でも変わらない。

 

アマゾンの役員一覧は

日本でも同じようになっている。

 

 

では気になるamazonの

役員の報酬を見てみよう。

 

amazonの役員の報酬の内容は

毎月の給料にボーナスとして

RSUがつけられている。

 

 

まずアマゾンの役員の年収だが

レベル7→1200~2000万円くらい

レベル8→200~4500万円くらい

 

レベル9→実は該当する人がいない

レベル10→1億円くらい

となっている。

 

 

そして次がRSUだが、

これは譲渡制限付き株式の略である。

 

これはどういう事かというと、

アマゾンでは役職や成績に応じて

 

ボーナスの代わりに

アマゾンの株を支給しているのだ。

 

現金と違いアマゾンの株は

持っているだけで

価値が上がっていくのでとてもありがたい。

 

また制限付きではあるが

株の売買もできるので、

 

アマゾンで働きながら

株取引で小銭を稼いでいる人もいる。

 

 

自分はどちらかというと

変動する株よりしっかり価値の決まった

現金をもらえる方が嬉しいが、

 

アマゾンで働く人たちは

みなITに強そうなので

これで合っているのだろう。

 

 

アマゾンの役員一覧から見るデスク・椅子のセットは?普段の役員用デスクや仕事内容は?

 

アマゾンの役員一覧は

さきほども書いた通り

レベル7~10の人たちだが、

 

この人たちは、

普段具体的に何をしているのだろうか。

ここではアマゾンの役員の仕事内容を見てみよう。

 

 

レベル7は、資格などを持っている

上級の一般職の人たちだ。

 

この人たちの仕事は幅広く、

アマゾンのサイトを運営する

システムエンジニアだったり

 

企画を作ったりする

キャンペーンマネージャーだったりと色々ある。

 

レベル8はレベル7より

少し責任が重くなるディレクター(現場の責任者)や

多くの資格を持つエンジニアだ。

 

レベル9は飛ばしレベル10は

副社長やさらに多くの資格と高い技術を持つ

エンジニアが該当する。

 

 

さすがITを武器にしているアマゾンというべきか、

普通の会社だと下請けのような位置にいる

 

エンジニアに高い地位が

与えられているのは面白い。

 

ちなみにアマゾンの役員用のデスクが

どんな感じになっているかというと、

おそらく多くの人が想像しているのとはかなり違う。

 

こちらの動画を見てほしい。

 

https://www.youtube.com/watch?v=bLXSLP4tYvQ

 

 

こちらは目黒に建てられた

アマゾンの新オフィスだが、

 

見てわかる通り日本のような事務机は

存在せずかなり自由な空間となっている。

 

アマゾンの役員用のデスクや

椅子セットも一応はあるのだが、

 

アマゾンの社風が自由で

風通しの良い企業という事でこんな風になっている。

 

 

アマゾンのオフィスを初めて見た時、

日本と違いすぎて自分はとても驚いた。

 

しかし、こういう会社があっても良いだろう。

時代の変化を感じるオフィスだった。

 

 

まとめ

 

アマゾンで働く人たちにはレベルが割り振られ、

それに応じて報酬がもらえる仕組みになっている。

 

外資系という事でかなりシビアだが、

裏を返せば実力に見合った報酬を

得られるという事だ。

 

またアマゾンのオフィスは

かなり開放的でとても楽しそうである。

アマゾンで働いてみるのも良いかもしれない。

 

タイトルとURLをコピーしました